English Watch

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PokerStudie

―a lifetime to master

Old vs New AI: Facing an all-in by UTG

PokerSnowie subscription plans

旧AI vs 新AI UTGのオールインへの対応

例1

f:id:pokerstudie:20170214172823j:plain

ハンド:

ヒーローはコールし、相手はAcKcを持っていた。ボードは8Q53Qと開き、チョップになった。

 

この例では、UTGが32.5BBでオープンオールインし、ヒーローはSBでAKoを持っています。旧AIではこれはフォールドでしたが、新AIではコールとなっています。これが何故か分析してみましょう。

旧AI = フォールド

f:id:pokerstudie:20170214172927p:plain


新AI = コール

f:id:pokerstudie:20170214172956p:plain

この状況での正しい決断は、どう分析すればいいでしょうか。

一般的なポーカーのやり方通り、第1段階としてポットオッズを計算しましょう。

この状況では、ポットは$0.68で、コールするのにかかるコストは$0.64です。ですので、0.64/(0.64+0.68)= 48.5%以上の勝率があればコールが正当化されます。

第2段階では、エクイティを判断しましょう。

UTGのハンドはわかりませんが、レンジを推測することはできます。それでは、ポーカーツールを使って、我々のハンドと相手のレンジに対するエクイティを計算してみましょう。私はフリーソフトのPokerStoveを使います。

ビッグブラインドの存在を考慮すべきですが、ヒーローのエクイティにほとんど影響をあたえることはありません。AdとKsは既にヒーローのハンドにあるので、BBがAA,KKを持っている可能性は0.5%しかありません。計算を単純にするため、ここではブラインドの存在を無視します。

第3段階では、案を比較することによって結論を出します。

例えは、プッシュしてきたUTGのレンジをAK,JJ+と仮定しましょう。このタイトなレンジ(3%)に対して、PokerStoveは、AdKsのエクイティを0.398、つまり、39.8%の勝率と計算します。これは48.5%より低く、フォールドすべきとなります。

f:id:pokerstudie:20170214173112p:plain


しかし、我々は相手のレンジに解説策を見出しました。もし相手がAQ+,99+(5.1%)でプッシュしてくるのなら、ヒーローの勝率は48.7%となり、これは必要なポットオッズよりも若干高いものです。

f:id:pokerstudie:20170214173219p:plain


もし相手が更に広いレンジでプッシュしてくるなら、我々のハンドの勝率は更に上がり、簡単にコールすることができます。逆にもっと狭いレンジでプッシュしてくるのなら、コールすることはできません。

相手の情報がないので、我々はこのレンジを平均からしか推測できません。あるプレイヤーはこれより狭いレンジでプッシュしてくるし、あるプレイヤーはこれより広いレンジでプッシュしてくるでしょう。

この手のプレイヤーについて私が推測するなら、32BBのUTGでは、平均的に5.1%より広くプッシュしてくるでしょう。ですので、新AIの判断を支持し、ここではコールしたいと思います。

しかし、これは考えるよりもかなり微妙な判断で、(BBがいるため)リスクは32BB以上だし、フォールドとコールの差も2.62BBしかありません。またコールには別の問題として、レーキがあります。これはマイクロステークスではとくに問題となります。

レーキはポーカールームによって違いますが、レーキが5セントかかるとすると、必要な勝率は0.64/(0.64+0.68-0.05)=50.39%です。この場合相手が6%より広いレンジでプッシュするなら、コールは正当化されます。私の考えではこの状況の相手はATsやKQoもレンジに含まれると思うので、なおコールすると思いますが、やはり微妙なところです。

 

>>PokerSnowieの10日間フリートライアルはこちら

 

元記事はこちら