English Watch

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PokerStudie

―a lifetime to master

Old vs New AI: Dealing with unorthodox situations

PokerSnowie

PokerSnowie subscription plans

旧AI vs 新AI 通常ではないシチュエーションへの対応

例2

f:id:pokerstudie:20170221102419j:plain

ハンド:

ヒーローはコールし、相手はA3oをショウ。ボードはKJ75Kで、ヒーローはダブルアップ。

この例では、相手はUTGからいきなり179BBのオープンオールインをしてきています!これは通常有り得ない状況ですが、我々はこれに対応しなければなりません。


旧AI = フォールド

f:id:pokerstudie:20170221102533p:plain

新AI = コール

f:id:pokerstudie:20170221102550p:plain

再び、前回と同じ方法で分析してみましょう。

ポットオッズを計算する。

まず注意しよましょう。相手のスタック量がリスクなのではありません。ヒーローはエフェクティブスタックの$2.46($2.43+SB+BB)のためのみにプレイをします。ヒーローは2.46を勝ち取るために2.43のリスクを負うとします。このポットオッズは0.497で、ヒーローは49.7%勝てなければコールを正当化できません。

QQと相手のレンジのエクイティを計算する。

これを算出するのに、前回の例と同じレンジを使用することはできません。179BBでオープンオールインをするのは通常の戦略とはいえないからです。相手が上位x%のハンドとバランスのとれたレンジでプレイしている、というように推測することは間違です。殆どの場合、相手のレンジは全くバランスを取っていないものでしょう。

もし相手が、例えばAAやKKのようなとても強いハンドを持っているなら、もっとアクションが起きてくれるように小さくレイズするでしょう。もちろん相手がAAやKKを絶対持っていないとは言い切れません。実際に私もこういう状況でAAやKKが出てきた経験はあります。しかし、めったにないことです。

ですので、適切な計算をするためには、このようなアクションを取る人間が平均的にどのようなレンジであるかを考える必要があります。殆どの場合、相手はスモールポケットペア、Aハイ、スーテッドコネクタ、もしくはゴミハンドを持っているでしょう。

結論としては、ポケットクイーンであれば平均的な相手のレンジに勝てるでしょう。新AIはこの状況を正確に見積もり、コールすることが平均+59BBであると算出しています!

f:id:pokerstudie:20170221102846p:plain

この例ではPokerSnowieの学習プロセスがどれだけ有用かを示しています。AIはポーカーを力技の計算というよりも、経験によって学ぶので、この状況での相手のレンジは、他の状況より弱いということを認識できるのです。ポットオッズが悪く後ろに1人ではなく3人残っているにもかかわらず、ここはコールです。

 

>>PokerSnowieの10日間フリートライアルはこちら

 

元記事はこちら